不動産賃貸契約

「理由もなく突然賃料の値上げを告げられて困っている」
「契約が終了した賃貸不動産物件の修繕費用を求められている」
「借主が何ヶ月も賃料の支払に応じてくれない」

ND4_01720001不動産の賃貸借契約は売買取引と比較すると取引金額が少ない分、契約時の段階でトラブルが起こるリスクを回避していないケースが多いです。

契約条件の確認をおろそかにしてしまうことで貸主・借主それぞれにとって多大な不利益をこうむるおそれがあります。

契約を結ぶ際にも、ポイントがわからないため、問題が発生して初めてその欠陥に気付かされるということが良くあります。

 

賃貸借契約におけるトラブルを防ぐには

賃貸借契約におけるトラブルを防ぐためには、内容をしっかりと理解した上で、契約を結ぶ必要があります。トラブルを未然に回避するためにも、法的な知識に基づいた契約書の作成は欠かすことができません。

また、契約期間満了時に発生する契約の手続きや解約の申し入れ、賃料の改訂や敷金の返還など、賃貸借契約にまつわるあらゆる問題に対して、然るべき対応を取る必要があります。これらの判断を慎重に行うためには法律の専門的な知識を必要としますので、適切なアドバイスを受けることが賢明です。

弁護士にご依頼いただくことで、契約書の作成から条項の確認、条件の調整など、トラブルを未然に防ぐためのアドバイスをさせていただきます。また、万が一トラブルが発生した際にも、相手側との交渉や利害関係の調整を代理で行うことが可能です。

当事務所では初回相談料を無料にしておりますので、お気軽にご相談ください。


初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00~21:00) 078-382-3531 法律事務所 瀬合パートナーズ

顧問弁護士の活用事例

神戸の弁護士による企業法律相談のメールマガジン

法律事務所瀬合パートナーズがお届けするメールマガジンです。業界で話題のニュースや経営に役立つ情報をお届けします。
無料で読めるメルマガの登録はこちらから。

無料購読

最新のメルマガ
発行日:2016.03.22

法律事務所瀬合パートナーズ通信vol.12

御社の事業内容と決算月に「ズレ」はありませんか? 国内の法人の場合、約2割が「決算月=3月」と定めています

バックナンバーはこちら