勤務医の年俸制及び定額残業代に関して(労務的な内容)

1 はじめに

医師,とりわけ勤務医の場合には,夜間救急や緊急手術,当直などで労働時間が非常に長くなる場合があります。経営者側からすると,勤務医の給料をある程度の残業代を含める趣旨で年俸制にしている(あるいは,しようとしている)ことも少なくありません。それなりの残業代を元々支払っているのだから未払残業代を請求されることもない,とお考えではありませんか?

 

2 定額残業代について

まず,残業代を含めた年俸制を採用するためには,法定の割増賃金を上回る定額の残業代を支払うことが求められています。また,定額残業代は,どれだけ残業していても定額で支払っていればよいということではなく,実際の残業時間が想定された残業時間を上回った場合には,追加の残業代を支払う必要があります。正確な未払残業代を把握するためには,基本給と定額残業代を明確に区別し,就業規則や給与明細で明示しておくことが重要です。

 

3 ご相談ください

ご自身が経営されている病院において,勤務医の給料を定める際には,勤務医の勤務実態を踏まえ,残業代についてどのような制度を定めることが適切かを検討する必要があります。また,既に勤務医の給料につき年俸制や定額残業代を定めている場合には,残業代の処理が適切になされているか確認し,今後未払残業代を請求されるリスクや労働基準監督署に指摘されるリスクについて把握し,問題があれば対策する必要があります。勤務医の給料や残業代についてお困りの方は,一度弁護士までご相談ください。

 

The following two tabs change content below.

弁護士法人法律事務所瀬合パートナーズ

顧問弁護士とは、企業の「強力な参謀役」です。お悩みのことがあれば、どのようなことでもまずはご相談いただき、もし当事務所が解決するのに適さない案件であれば、解決するのに適切な専門家をご紹介させていただきたいと考えております。経営者の方々のお悩みを少しでも軽くし、経営に集中していただくことで、会社を成功させていっていただきたいと思います。

最新記事 by 弁護士法人法律事務所瀬合パートナーズ (全て見る)

初回相談無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00~20:00) 078-382-3531 法律事務所 瀬合パートナーズ

神戸・姫路の弁護士による企業法律相談のメールマガジン

法律事務所瀬合パートナーズがお届けするメールマガジンです。業界で話題のニュースや経営に役立つ情報をお届けします。
無料で読めるメルマガの登録はこちらから。

無料購読

最新のメルマガ
発行日:2021.03.04

法律事務所瀬合パートナーズ通信

非正規社員に賞与や退職金は払わなくても良い?(同一労働同一賃金の原則) ご存じの方も多いと思いますが、今月

バックナンバーはこちら