賃貸借契約の保証人と賃貸借契約の更新後の責任の有無

Q.友人が家を借りる際、頼まれて賃貸借契約の保証人になりましたが、知らない間に契約が更新されていました。更新後の賃貸借契約についても、保証人としての責任があるのでしょうか?
A.原則として、保証人としての責任を負います。

判例は、

「特段の事情の無い限り、保証人が更新後の賃貸借から生ずる賃借人の債務についても保証の責めを負う趣旨で合意がされたものと解するのが相当であり、保証人は、賃借人において保証債務の履行を請求することが信義則に反すると認められる場合を除き、更新後の賃貸借から生ずる賃借人の債務についても保証の責めを免れない」

と述べています(最判平成9年11月13日判時1633号81頁)。

建物賃貸借契約は更新されることが一般的であり法定更新制度も存在することから、賃貸借契約の更新は予測可能であること、また、更新の場合、更新によって更新前に比べて予期し得ない保証責任が生じることも通常は無いことから、保証人は更新後も保証契約を継続するという趣旨で合意がなされたと解するのが合理的である、との考えによります。

更新後の契約については保証は及ばないという趣旨の合意であったことを示す「特段の事情」がある場合や、賃貸人の請求が「信義則に反する」といえる場合には、例外として更新後の保証人の責任が否定される可能性があります。

 


初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00~21:00) 078-382-3531 法律事務所 瀬合パートナーズ

顧問弁護士の活用事例

神戸・姫路の弁護士による企業法律相談のメールマガジン

法律事務所瀬合パートナーズがお届けするメールマガジンです。業界で話題のニュースや経営に役立つ情報をお届けします。
無料で読めるメルマガの登録はこちらから。

無料購読

最新のメルマガ
発行日:2016.03.22

法律事務所瀬合パートナーズ通信vol.12

御社の事業内容と決算月に「ズレ」はありませんか? 国内の法人の場合、約2割が「決算月=3月」と定めています

バックナンバーはこちら