事業譲渡契約における注意点(運送業)

業種:運送業
契約書の種類:事業譲渡契約書

相談内容

 同業種の事業所を一部、買い取ることを考えている。M&Aではなく、事業譲渡の形態をとる予定なので、契約書をリーガルチェックしてほしい。

アドバイス内容

 会社を丸ごと買い取るM&Aとは異なり、事業譲渡のメリットとしては、負の財産を除外し、自社にとって優良な資産だけを買収することができることです。

 事業譲渡契約における譲受側の注意点としては、①買収対象をきちんと特定し、事業に必要な資産の漏れがないようにすること②事業に必要な許認可を改めて取得すること③事業に従事していた従業員の処遇(承継の有無、労働条件、従業員の同意の取り付け等)④互いに必要な社内の手続きをとること(譲渡側の場合、株主総会の特別決議、譲受側の場合、取締役会の承認等)⑤表明保証条項をなるべく少なくし、譲受側にとって無理な条項が含まれないようにすること⑥譲渡側の競業避止義務の内容(期間、場所等)⑦契約違反の場合の損害賠償の範囲(譲渡価格を上限としてよいか等)が挙げられます。

 これらの点を中心に、リーガルチェックさせていただきました。

トピックスの最新記事

契約書の最新記事

弁護士の活用事例の最新記事

初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00~21:00) 078-382-3531 法律事務所 瀬合パートナーズ

顧問弁護士の活用事例

神戸の弁護士による企業法律相談のメールマガジン

法律事務所瀬合パートナーズがお届けするメールマガジンです。業界で話題のニュースや経営に役立つ情報をお届けします。
無料で読めるメルマガの登録はこちらから。

無料購読

最新のメルマガ
発行日:2016.03.22

法律事務所瀬合パートナーズ通信vol.12

御社の事業内容と決算月に「ズレ」はありませんか? 国内の法人の場合、約2割が「決算月=3月」と定めています

バックナンバーはこちら