Q.元請会社が下請会社に対しペナルティを科す条項の適法性

質問

弊社は,運送業の下請けをしております。

ある元請会社との業務委託契約締結の際,元請会社から,以下のような条項を含む契約を提案されました。このような条項は,適法なのでしょうか。

「下請会社は,元請会社に対し,委託を受けた荷物の配送業務に関し,元請会社の定める時間に,配送状況の定時報告を行う義務を負う。定時報告を10分以上遅滞した場合には,ペナルティとして委託料の数%を元請会社に支払う。」

回答

ご指摘の条項は,元請会社が,下請会社(貴社)に対し,元請会社に発生した具体的な損害の内容にかかわらず,定時報告が遅滞した場合に一定の金銭を損害賠償として支払わせるものですので,下請法,又は,独占禁止法上の優越的地位の濫用として禁止されている「不当な経済上の利益の提供要請」にあたると考えられます。

そのため,元請会社と下請会社(貴社)との取引が下請法の適用対象である場合,又は,元請会社と下請会社(貴社)の間で上記条項を定めることが独占禁止法上の優越的地位の濫用にあたる場合には,ご指摘の条項を定めることはできないことになります。

 

まず,運送業における取引が下請法の適用対象となるのは,以下のいずれかの場合です。

・元請会社の資本金が3億1円以上であり,かつ,下請会社の資本金が3億円以下

・元請会社の資本金が3億円以下であり,かつ,下請会社の資本金が1千万円以下

 

元請会社と下請会社(貴社)の取引が下請法の適用対象外である場合には,ご指摘の条項が,優越的地位の濫用にあたるか否かを検討することになります。

これは,元請会社が下請会社に対し,①優越的地位を利用して,②正常な商慣習に照らして不当に,③優越的地位の濫用行為を行っているといえるか否かにより判断されます。

ここで,③ご指摘の条項が「不当な経済上の利益の提供要請」にあたることは上述のとおりですので,①元請会社が下請会社(貴社)に対し,優越的地位を有しているといえるかが問題となります。

これは,下請会社にとって元請会社との取引の継続が困難になることが事業経営上大きな支障を来すため,元請会社が下請会社にとって著しく不利益な要請等を行っても,下請会社が受け入れざるを得ないような関係であるか否かによって判断されます。

 

 

The following two tabs change content below.

弁護士法人法律事務所瀬合パートナーズ

顧問弁護士とは、企業の「強力な参謀役」です。お悩みのことがあれば、どのようなことでもまずはご相談いただき、もし当事務所が解決するのに適さない案件であれば、解決するのに適切な専門家をご紹介させていただきたいと考えております。経営者の方々のお悩みを少しでも軽くし、経営に集中していただくことで、会社を成功させていっていただきたいと思います。

最新記事 by 弁護士法人法律事務所瀬合パートナーズ (全て見る)


初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00~20:00) 078-382-3531 法律事務所 瀬合パートナーズ

顧問弁護士の活用事例

神戸・姫路の弁護士による企業法律相談のメールマガジン

法律事務所瀬合パートナーズがお届けするメールマガジンです。業界で話題のニュースや経営に役立つ情報をお届けします。
無料で読めるメルマガの登録はこちらから。

無料購読

最新のメルマガ
発行日:2021.03.04

法律事務所瀬合パートナーズ通信

非正規社員に賞与や退職金は払わなくても良い?(同一労働同一賃金の原則) ご存じの方も多いと思いますが、今月

バックナンバーはこちら