Q.メーカーが小売業者の販売方法を制限するのに問題はありますか?

質問

 美容医療機器のメーカーを経営していますが、小売業者の販売方法について、機器の調整を行う必要があるため、通信販売をやめさせて、対面販売のみにさせたいのですが、法的に何か問題はありますか?

回答

 独禁法上の不公正な取引方法に該当するか否かが問題となります。

 事業者が販売業者に対して、販売方法を制限することは、①当該商品の適切な販売のために相応する合理的な理由(たとえば、商品の安全性の確保、品質の保持、商標の信用の維持等)があり、かつ②他の販売業者に対して同等の条件が課せられている場合、独禁法上問題にはなりません。

 ただし、販売価格、販売地域、販売先に関して制限することは独禁法違反に該当するおそれがあります。

 ご質問の件ですが、機器の調整を行う必要であれば、商品の安全性の確保という合理的理由があると考えられますので、他の販売業者にも同等の条件を課すのであれば、独禁法上不公正な取引方法には該当しないものと思われます。
 
 小売業者の販売方法の問題についてお悩みの経営者の方は、この分野に詳しい弁護士にご相談ください。


初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00~21:00) 078-382-3531 法律事務所 瀬合パートナーズ

顧問弁護士の活用事例

神戸・姫路の弁護士による企業法律相談のメールマガジン

法律事務所瀬合パートナーズがお届けするメールマガジンです。業界で話題のニュースや経営に役立つ情報をお届けします。
無料で読めるメルマガの登録はこちらから。

無料購読

最新のメルマガ
発行日:2016.03.22

法律事務所瀬合パートナーズ通信vol.12

御社の事業内容と決算月に「ズレ」はありませんか? 国内の法人の場合、約2割が「決算月=3月」と定めています

バックナンバーはこちら