Case08 相手方の所在を特定し、時効を10年に伸ばすことで工事請負代金を回収した事例

業種 建設業

相談内容

工事施工を請け負い,施行は完了したが代金を払って貰えない。相手方とも連絡が取れなくなってしまった。

アドバイス内容

民法170条2号で,工事設計・施行・監理を業とする者の工事に関する債権は3年で時効にかかるとされています。相手方の所在地も不明だったためこのままでは時効にかかる可能性がありましたので,弁護士の職務上請求等で工夫した結果相手方の所在地が判明し,裁判を起こしました。

完全勝訴判決を得ましたので,時効を10年に伸ばすことができました。相手方の財産や所在地を調べるのに時間を要すると思われる場合には,取り急ぎ時効を延ばすことが必要になります。


初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00~21:00) 078-382-3531 法律事務所 瀬合パートナーズ

顧問弁護士の活用事例

神戸・姫路の弁護士による企業法律相談のメールマガジン

法律事務所瀬合パートナーズがお届けするメールマガジンです。業界で話題のニュースや経営に役立つ情報をお届けします。
無料で読めるメルマガの登録はこちらから。

無料購読

最新のメルマガ
発行日:2016.03.22

法律事務所瀬合パートナーズ通信vol.12

御社の事業内容と決算月に「ズレ」はありませんか? 国内の法人の場合、約2割が「決算月=3月」と定めています

バックナンバーはこちら